[[TitleIndustry]]

浸炭鋼の組成特性

Date:Jan 03, 2020

浸炭鋼の炭素含有量は一般的に非常に低く(0.15%〜0.25%)、これは一種の低炭素鋼です。 そのような炭素含有量は、浸炭部品のコアが良好な靭性と可塑性を持っていることを保証します。

鉄心の強度を向上させるために、Cr、Ni、Mn、Mo、W、Ti、Bなどの一定量の合金元素を鋼に追加できます。

Cr、Mn、Ni、およびその他の合金元素の主な役割は、鋼の焼入れ性を高めることであり、焼入れおよび低温焼戻し後に表面およびコア構造が強化されます。

さらに、少量のMo、W、Tiおよびその他の炭化物が安定した合金炭化物を形成し、これにより結晶粒が微細化され、浸炭中の鋼の過熱が抑制されます。

少量のB(0.001%〜0.004%)は、合金化された浸炭鋼の焼入れ性を大幅に高めることができます。


上一条: 熱変形を防ぐ方法

次条: 焼鈍炉の動作モード