[[TitleIndustry]]

熱変形を防ぐ方法

Date:Dec 25, 2019

加熱変形を防ぐため、ゆっくり加熱して予熱処理を行うのが最善です。 一般鋼の予熱温度を選択する場合、次の基準に従って予熱温度を選択できます。(1)予熱温度は変態点未満です。たとえば、普通鋼は約650〜700℃、高速度鋼は約800〜850℃程度。 (2)予熱温度は約500°Cです。(3)2段階の予熱、最初に約500°Cで予熱し、一定時間予熱した後、予熱温度をA1異常ポイント。 (4)3段階の予熱。 高速度鋼など、合金の含有量が多い大型鋼の場合、1000〜1050℃で第3段階の予熱が必要になる場合があります。


上一条: 浸炭鋼の分類

次条: 浸炭鋼の組成特性