[[TitleIndustry]]

熱処理品質検査方法

Date:Mar 25, 2019

熱処理された部品に対する技術的要求は異なり、使用される熱処理プロセスは異なり、そして品質検査のための項目および方法は異なる。 熱処理製造で一般的に使用されている品質検査項目と方法は以下の通りです。

(1)化学成分の検査

1)火花識別方法 材料を研削砥石で研削したときに発生する火花特性を観察することにより、熱処理製造の経験を持つ検査官や熱処理作業員は部品の材料の化学組成を識別することができます。

2)スペクトル分析法 分光計は、異なる元素の線の波長および強度を測定および記録するために使用することができる。 材料の要素と内容は折れ線グラフから取得できます。

3)化学分析方法。 実験室における化学分析法は、金属材料中の全ての元素の含有量を正確に分析することができる。 この方法は工場で最も一般的に使用されています。

4)ミクロゾーン化学組成分析。 微小領域における化学組成分析法は、電子プローブX線分析、オージェ電子分光法、イオンプローブ分析等により行われる。

(2)肉眼による組織検査と破壊解析。

1)マクロ検査方法 鋼の巨視的経験は、熱酸エッチング試験、冷酸エッチング試験、電解酸エッチングなどを含む酸エッチングで一般的に使用されている。

2)破壊解析 分析は巨視的骨折分析および微視的骨折分析を含んでいた。

(3)微細構造解析。

1)鋼の熱処理後の繊維組織の識別。

2)鋼の微細欠陥の検査

3)鋼中の非金属介在物の検査

4)化学的熱処理の深さの決定。

5)ねずみ鋳鉄の組織検査

6)一般的に使用される非鉄金属の組織分析。

(4)機械的性質試験。

1)熱処理部品の硬さ試験

2)熱処理部品の機械的性質試験

 

(5)非破壊検査

1)内部欠陥の検出

2)表面欠陥検出。


上一条: 熱処理品質検査内容

次条: ベアリング熱処理技術の応用