[[TitleIndustry]]

一般的な熱処理プロセスは何ですか

Date:Mar 06, 2019

一般的な熱処理プロセスは、焼ならし、焼鈍、固溶体化、時効、焼入れ、焼戻し、焼鈍、浸炭、窒化、焼入れ、球状化、ろう付けなどを含む。

焼ならし:鋼または鋼を臨界点AC3またはACMを超える適当な温度に一定期間加熱し、次いで空気中で冷却してパーライト様構造の熱処理方法を得る。

アニーリング:亜共析鋼工作物を、一定時間冷却した後、一定時間AC3より20〜40℃高い温度まで加熱し、炉をゆっくり冷却する(または埋め込む)工程。砂や石灰)を空気中で500度以下にする。

溶体化処理:合金を高温単相帯恒温維持まで加熱し、過剰相を固溶体に完全に溶解させ、次いで急冷して過飽和固溶体の熱処理工程を得る。

4.時効:常温または常温をわずかに超える温度で固溶化熱処理または冷間塑性変形を受けた後に経時的に特性が変化する現象。

溶体化処理:合金中の様々な相を完全に溶解し、固溶体を強化し、靭性および耐食性を改善し、応力および軟化を排除して、処理を続ける。

時効処理:強化相が析出する温度に加熱保温し、強化相を析出させ硬化させることにより強度を高める。

焼入れ:鋼をオーステナイト化して適当な冷却速度で冷却し、被加工物の全体または一定範囲にマルテンサイト等の組織変態を不安定にさせる熱処理工程。

焼き戻し:焼き入れされたワークピースは、ある期間臨界点AC1より低い適切な温度に加熱され、次に満足な方法によって冷却されて、構造および特性のための所望の熱処理プロセスを得る。

9.鋼の浸炭窒化浸炭窒化は鋼の表面に炭素と窒素を同時に浸透させるプロセスです。 中温ガス浸炭窒化および低温ガス浸炭窒化(すなわちガス軟窒化)において広く使用されるのは、シアン化としても知られている浸炭窒化のために慣例である。 中温ガス中の一酸化炭素の主な目的は、鋼の硬度、耐摩耗性および疲労強度を高めることです。 低温ガス浸炭窒化は主に窒化であり、その主な目的は鋼の耐摩耗性と耐焼き付き性を向上させることです。

焼入れ焼戻し:焼入れと高温焼戻しを組み合わせた熱処理を焼入れ焼戻しと呼びます。 焼入れ焼戻し処理は、様々な重要な構造部品、特にコネクティングロッド、ボルト、ギア、シャフトなどの交番荷重で機能する部品で広く使用されています。 焼入れ焼戻し処理の後、焼戻しされたソルバイト構造が得られ、その機械的性質は同じ硬度の通常焼成されたソルバイト構造よりも優れている。 その硬さは高温焼戻し温度に依存し、鋼の焼戻し安定性と工作物の断面寸法、一般にHB200と350の間に関係しています。

11.ろう付け:2つのワークピースを加熱し、はんだで溶かす熱処理プロセス。

私達の会社はいろいろな種類の焼きなまし炉のカスタマイズを引き受けます。 興味のある方は、間もなくご連絡ください。

杭州Hangshen省エネ炉有限公司

セールスマネージャー:Mr.Qian

Tel:0086-571-86172088

Eメール: hsdl088@126.com


上一条: ガス焚き真空炉の特長

次条: トロリー焼鈍炉の通常の使用の要素