[[TitleIndustry]]

冬はガス ボイラー メンテナンスのヒントに注意を払う必要があります。

Date:Jun 04, 2015

ボイラーの加熱面管理 1。ボイラ伝熱面の未使用のメンテナンス長い間: 乾式と湿式の 2 種類があります。シャット ダウン、1 ヶ月以上すべきメンテナンス方法を乾燥するために使用、次は濡れシャット ダウン心 1 ヶ月処方をすることができます。(1) ドライ メンテナンス法: 水の鍋の内部を完全にシャット ダウンに汚れすすぎ。Weihuo 乾燥炉 (火を使用しないようにする)、インストール、生石灰サブプレートの 10-30 mm の塊を行わない、ドラム内に配置し、金属のライムとの接触、ドラムに生石灰重量体積を計算手穴、管弁を閉め、チェック粉末に砕いた石灰など、3ヶ月毎立方メートルとし、すべてのマンホールの 8 kg の、すぐに、ライムとディスクを削除を再実行ボイラーを取り替えられます。(2) ウェット法の整備: 70 ℃ 水の下に冷却されるにボイラー シャット ダウン ボイラー水枯渇オーブン、内部は完全に汚れ、リンス、すべて、マンホール、手穴、管用バルブや他のタイトな閉鎖を削除して行う完全にブラインドとボイラーの操作を分離します。再注入と柔らかい水はボイラーの最低限のセキュリティ レベルに扱われていますし、調製したアルカリ溶液はボイラーに注入され、その原料: トン ボイラーあたり水酸化ナトリウム (苛性ソーダ) 水 8 〜 10 キロの場合 20 kg、1 トンあたりボイラー水、炭酸ナトリウム (ソーダ灰) の選択

上一条: ガス焚きボイラー

次条: 水処理におけるガス焚きボイラー用