熱処理加工の分類

熱処理加工の分類

Date:Apr 25, 2019

アニーリング

操作方法:鋼鉄をAc3 + 30〜50度またはAc1 + 30〜50度以下Ac1以下に加熱した後(関連情報を参照してください)、一般的に炉の温度でゆっくりと冷却されます。

目的:1.硬度を下げ、塑性を改善し、切断および圧力処理性能を改善する。 結晶粒を微細化し、機械的性質を改良し、次の段階に備える。 3.冷間加工および熱間加工によって発生する内部応力を排除します。

アプリケーションのポイント:1。不十分な供給条件で合金構造用鋼、炭素工具鋼、合金工具鋼、高速度鋼鍛造品、溶接部品および原材料に適しています。 通常、ブランク状態でアニールする。

正規化

操作方法:鋼鉄はAc3またはAccmより30〜50度高い温度に加熱され、次に焼なまし速度よりわずかに高い温度に冷却されます。

目的:1.硬度を下げ、塑性を改善し、切断および圧力処理性能を改善する。 結晶粒を微細化し、機械的性質を改良し、次の段階に備える。 3.冷間加工および熱間加工によって発生する内部応力を排除します。

適用ポイント:焼ならしは、鍛造品、溶接部品および浸炭部品の予備熱処理プロセスとして通常使用されます。 性能要件の低い低炭素および中炭素炭素構造用鋼および低合金鋼の場合、それらは最終熱処理としても使用できます。 一般的な中および高合金鋼の場合、空冷は完全または部分的な焼入れを招く可能性があるため、最終的な熱処理プロセスとしては使用できません。

焼入れ

操作方法:鋼はAc3またはAc1の相転移温度に加熱され、しばらくの間保たれ、そして次に水、硝酸塩、油または空気の中で急速に冷却されます。

目的:焼入れは一般的に高硬度マルテンサイト組織を得るために使用されます。 時々、いくつかの高合金鋼(ステンレス鋼や耐摩耗鋼など)を焼入れするとき、それは耐摩耗性を改善するために単一の均一なオーステナイト組織を得ることです。 そして耐食性。

適用ポイント:1.炭素含有量が0.3%を超える炭素鋼および合金鋼に一般的に使用されます。 焼入れは鋼の強度と耐摩耗性を十分に発揮することができますが、同時に大きな内部応力を引き起こします。 鋼の塑性および衝撃靭性を低下させるために、より良好な包括的な機械的性質を得るために焼き戻しすることが必要である。

熱処理プロセス焼戻し

操作方法:焼入れ鋼をAc1以下の温度に再加熱し、冷却後、空気または油、熱湯および水で冷却する。

目的:1.焼入れ後の内部応力を低減または排除し、ワークピースの変形および割れを低減します。 硬度を調整し、塑性および靭性を改善し、そして作業に必要な機械的性質を得る。 3.ワークサイズを安定させます。

適用ポイント:1。低温焼戻しで焼入れした後、鋼の高温と耐摩耗性を維持する。 一定の靭性を維持する条件下で鋼の弾性と降伏強度を改善するために中温焼戻しを使用する。 十分な強度があるときに高い衝撃靭性度および可塑性、ならびに高温焼戻しを維持する。 2.一般鋼は焼戻し脆性があるので、230〜280度のステンレス鋼と400〜450度のステンレス鋼を避けてください。

焼戻し

操作方法:焼入れ後の高温焼戻しは焼入れ焼戻しと呼ばれます。すなわち、鋼片を焼入れ時よりも10〜20度高い温度に加熱し、保温後に焼入れし、その後400〜400℃の温度で焼戻しします。 720度

目的:1.切削性能を向上させ、機械加工面の滑らかさを向上させる。 焼入れ中の変形および亀裂を減らす。 3.総合的な優れた機械的特性を得ます。

適用ポイント:1.高い焼入れ性の合金構造用鋼鉄、合金工具鋼および高速度鋼のために適した; 2.さまざまな重要な構造物の最終熱処理としてだけでなく、変形を減らすための親ねじ予備熱処理などのようないくつかのコンパクトな部品としても使用できます。

6.適時性

 

操作方法:スチールを80〜200度に加熱し、5〜20時間以上保持してから、空気中に取り出して冷却します。

目的:1.焼入れ後の鋼の微細構造を安定させ、保管中または使用中の変形を少なくする。 焼入れ・研削後の内部応力を軽減し、形状や大きさを安定させます。

適用ポイント:1.急冷鋼種に適しています。 2.固定ネジ、測定工具、ベッドシャーシなど、形状の変更が不要な狭いワークによく使用されます。

冷たい治療

操作方法:急冷鋼を低温媒体(ドライアイス、液体窒素など)中で-60〜-80度以下に冷却し、温度を均一にしてから室温に戻します。

目的:1.硬化鋼中の残留オーステナイトの全部または大部分をマルテンサイトに変換し、それによって鋼の硬度、強度、耐摩耗性および疲労限度を改善する。 鋼を安定させるために鋼の構造を安定させるピースの形状とサイズ。

適用ポイント:1.焼入れ後、鋼を直ちに冷間処理し、次に低温で焼戻しして低温冷却中の内部応力を除去する必要があります。 冷間加工は主に合金鋼製のタイトな工具、ゲージおよびコンパクト部品に適用されます。

8.火炎加熱表面焼入れ

操作方法:酸素 - アセチレン混合ガスで燃焼する炎を鋼部材の表面に吹き付け、急速に加熱し、そして焼き入れ温度に達した直後に吹き付けて冷却する。

目的:鋼部品の表面硬度、耐摩耗性および疲れ強さを改善するために、そしてコアは依然として強靭な状態を維持する。

適用点:1.それは中型の炭素鋼の部品のために主に使用されます、一般に堅くされた層の深さは2〜6mmです; それは単一か小さいバッチで作り出される大きい工作物および部分的な焼き入れを必要とする工作物に適しています。

高周波加熱表面焼入れ

操作方法:鋼片をインダクターに入れ、鋼片の表面に誘導電流を発生させ、誘導電流を短時間で焼入温度まで加熱した後、スプレーして冷却します。

目的:鋼部品の表面硬度、耐摩耗性および疲労強度を向上させ、心臓の靭性を維持すること。

適用点:1.中型の炭素鋼およびZhongtangの合金の構造用鋼鉄部品のために主に使用される; 2。 表皮効果のために、高周波焼入れおよび硬化層は一般的に1〜2mmであり、中間周波数焼入れは一般的に3〜5mmであり、高周波焼入れは一般的に10mmより大きい。

浸炭

操作方法:鋼部品を浸炭媒体に入れ、900〜950度に加熱して断熱し、鋼部品が一定の濃度と深さの浸炭層を得ることができるようにします。

目的:鋼部品の表面硬度、耐摩耗性および疲れ強さを改善するために、そしてコアは依然として強靭な状態を維持する。

適用ポイント:1. 0.15%〜0.25%の炭素含有量の低炭素鋼鉄そして低合金鋼鉄部品のために、浸炭層の深さは一般に0.5〜2.5mmです; 浸炭後、マルテンサイトが浸炭の目的を達成できるように表面を得るために焼入れを行わなければならない。

 

11.窒化

操作方法:5〜600度でアンモニアガスによって分解された活性窒素原子は、窒化物層を形成するために鋼の表面を飽和させるために使用されます。

目的:鋼部品の硬度、耐摩耗性、疲労強度および耐食性を向上させること。

適用点:炭素鋼および鋳鉄と同様、アルミニウム、クロム、モリブデンおよび他の合金元素を含んでいる中型の炭素合金の構造用鋼鉄のために主に使用されて、一般的な窒化物の層の深さは0.025〜0.8mmです。

窒化浸炭

操作方法:鋼の表面への同時浸炭と窒化。

目的:鋼部品の硬度、耐摩耗性、疲労強度および耐食性を向上させること。

適用ポイント:1。低炭素鋼、低合金構造用鋼および工具鋼部品の場合、一般的な窒化物層の深さは0.02〜3ミリメートルです。 焼入れ、焼入れおよび低温焼戻しの後。


上一条: プロのアニーリング炉メーカー

次条: ガス炉燃焼応用