工業炉は稼働後に間に合うように洗浄する必要がある

工業炉は稼働後に間に合うように洗浄する必要がある

Date:May 22, 2019

ボイラーの水質が基準を満たすことを確実にするために、熱湯加熱ボイラーは重度の腐食、ボイラー事故の回避または減少、ボイラーの耐用年数の延長、および運転中の次の作業をすることなく管理。

(1)ヒートパイプネットワークは運転に入る前に厳密にパージされます。 きれいな水で洗い流されるならば、パイプフラッシング計画は、水がパイプから完全に除去されるためにパイプから排出されるまで、水の流速が少なくとも1.5m / sであるべきです。

(2)炉ユニットのリーダーはボイラー水処理知識の研究を強化し、ボイラー運転水処理の基礎知識を習得し、水処理作業の管理、監督および評価に注意を払うべきである。

(3)ボイラーの運転開始後は、定期的に炉を停止してスケールを確認し、タイムリーにスケールを除去する必要があります。 技術者と水処理担当者は、ボイラの汚れの状況を理解し、対応する処理方法をとるためにスケールサンプルの実験室分析を実施する必要があります。

(4)老化した樹脂と処理効果の悪い機器を交換し、ナトリウムイオン交換体で処理したボイラー室の軟水化水塩を水処理に使用する。 水処理の効果が良くない場合、水質が基準に達していない場合は、水処理事業者は速やかに原因を特定し、それを適時に報告し、水質が基準を満たすようにするための対策を講じる必要があります。

(5)炉部は、労働部の訓練・評価に加えて、水質検査室職員に対する理論的知識、技能操作訓練および安全意識教育を定期的に実施し、厳格な評価を実施するものとする。 評価後、水質検査室検査要員が発行され、認証されなければならない。 仕事に取り組み、水質テスターの安定性、運用能力および管理レベルが向上し続けるように努力します。

(6)ボイラ水処理所の責任体制を改善し、厳格に実施する。 ボイラー室の水処理装置に適した操作手順を作成し、責任を負わず、真剣に作業し、そして改ざんされた水質テスターに対処する。

(7)ボイラー水質監視システムを導入する。 上部ボイラーの水質管理部は定期的にボイラー給水と炉水を監視し、炉ユニットの水質管理レベルを改善し、ボイラー水処理施設の新設と改修のための試験を調整するものとする。


杭州Hangshen省エネ炉有限公司

セールスマネージャー:Mr.Qian

Tel:0086-571-86172088

ファックス番号:0086-571-86173266

携帯電話:15990123123

ウェブサイト: www.cnsuntech.com

Eメール: hsdl088@126.com


上一条: 真空炉の利点

次条: あなたはトロリーアニーリング炉を知っていますか