軸受鋼焼戻の生産原理

軸受鋼焼戻の生産原理

Date:Nov 27, 2019

(1)脆性の低減、内部応力の除去または低減、鋼部品の焼入れ後の内部応力と脆性が多くあります。


(2)ワークの必要な機械的特性を取得します。 焼入れ後、加工物は高い硬度と脆性を持ちます。 さまざまなワークピースのさまざまな性能要件を満たすために、適切な焼き戻しにより硬度を調整して、脆性を低減し、必要な靭性、可塑性を得ることができます。


(3)安定したワークサイズ


(4)アニーリング中に軟化するのが難しい一部の合金鋼では、焼入れ(または焼きならし)後に高温焼戻しを使用して、鋼中の炭化物を適切に凝集させ、硬度を下げて切削を促進します。


上一条: 出荷されたステンレス鋼ライナーのバッチ

次条: 明焼鈍炉の長所と短所